どんなお店にレコードやCDを売ればいいのでしょうか?
もちろん、当店としては「うちにお売りください!」といいたいのですが、これではお客様の役に立ちません。
ここでは、店主自身の経験を踏まえて、レコードやCDを買い取ってくれるお店の特徴などご説明します。

大手中古レコード・CD専門店

大手は安心感がありますね。店主自身、学生時代は何度も売りに行きました。妥当な価格を提示してくれます。店主の場合中古で買ったものがほとんどでしたが、購入価格から考えてそれなりの金額を出してくれました。
ということで、値付けに関しては特に問題ないと思います。ちょっと困るかもしれないのは、買取不可が出てしまうこともあることです。恐らくデータベースにないものはダメなのでしょう。処分目的の人にはちょっと厳しいですね。店主は店頭買取しかつかったことがありませんが、処分を引き受けてくれないことがあります。
総評として、レアものだと分かっているものをお持ちならおススメです。どうなのかよくわからないものを大量に、となると少し怖いです。店主は安いCDを40枚程持って行って、半分が買取不可になったことがあります。

新古書店

大手チェーンの新古書店は、大手専門店で安くなるものや、断られたCDを持っていくには悪くありません。一律いくらで引き受けてくれます。値段のつかないものも、処分してくれるところが多いと思います。大手専門店で断られたものを持っていっても引き受けてくれました。
しかし、古いレア物は取りのがしてしまうかもしれません。学生の頃、新古書店で500円で買ったCDを大手専門店にもっていったら1,000円以上で買い取ってくれたことがあります。最初から任せるのは避けた方がいいかもしれません。
レコードはあまりお勧めできません。そもそもレコードを扱っていないところもありますし、こういうお店のスタッフはアルバイトさんで、レコードの知識がないこともあるからです。

個人経営の専門店

いかにもレコードに詳しそうな店主がいる個人経営のお店は期待できそうですが、どうでしょうか。
店主自身が何軒かに売りに行った感じでは、買取金額はピンからキリまでです。店頭に並んでいるレコードの値段を見ても、買取価格はまったく想像がつきません。結構リーズナブルな値段で販売しているお店がいい金額を出してくれたり、或いはその逆だったりします。
こういうお店は取り扱いジャンルが限られている場合もあり、素人が持っていくには少し難しいのかもしれません。

リサイクルショップ

恥ずかしながら、店主はリサイクルショップには売りに行ったことがありません。売られているレコードをみると、一律数百円で売られているからです。これでは買取金額は期待できないと思います。

TU-Field(当店)

手前味噌ですが、当店は上で紹介した3種類のお店の弱点を出来る限り減らしています。データベースに頼らず「わからないレコード」は調べる、安いもの、売りにくいものも引き受ける、どんなジャンルにも対応できるよう勉強する、全て当たり前のことですが、日々精進して参ります。

他の売却方法

レコードを売る場合、お店に売るのではなくネットオークションやフリマアプリで売る方法もあります。ちゃんと金額のつくレコードをお持ちでしたら、最終的に手に入る金額はお店に売るより高くなります。お店を噛まさず、一般の人に販売価格で売ることができるからです。
その分、お店が引き受ける部分もご自身で対処しなくてはなりません。レコードの管理、買い手とのやり取り、発送作業などです。こういったことが好きな人には苦にならないと思います。
一番怖いのは、万が一トラブルになった時です。クレームなど、可能性は低いですが起こってしまうと大変です。
とはいえ、やってみる前から怖がることもありません。少しでも高く、という方はレッツ・トライ!

まとめ

いかがでしたでしょうか? 4種類のお店を検討してみました。もちろん店主の主観によるものなので、気になったらご自分でも試してみた方が正確です。
当店は、店主が実際に買取サービスを利用した経験を踏まえてより充実のサービス提供に努めて参ります。ご不要のレコードがありましたらぜひご相談ください。

↓ レコードの売却をご検討の方は、以下のページもご参考ください。
レコードの買取について
レコードの査定基準
実際のレコード買取事例
レコード買取に関するコラム
お客様のご感想