1962年に僅か5歳という幼さで、コロムビア・レコードよりジャズシンガーとしてデビューした少女、後藤久美子。
世間の人々をその可愛さで虜にし、史上最年少のジャズ歌手と呼ばれたくさんの人々に愛された彼女の経歴やおすすめの曲について、そしてそれらの楽曲のレコードの買取相場を今回はご紹介致します。

後藤久美子とは

後藤久美子は1956年生まれの名古屋出身のジャズシンガーです。
幼い頃よりその歌唱力はずば抜けており、4歳の時に出場したのど自慢大会での活躍がきっかけで、翌年1962年に僅か5歳という幼さでコロムビア・レコードよりジャズ歌手としてデビューしました。
その少女らしい愛らしさで「史上最年少のジャズ歌手」として、非常に大勢の人々から愛されていたそうです。
デビュー後も「かわいいベイビー」や「ママがサンタにキッスした」などの楽曲が大ヒット。
当時はドラマなどにも出演し、まさに国民の娘として多くの人々から人気を得ていたようでした。
ちなみに、現在も女優として活躍する後藤久美子とは全くの別人となっていますので、その点のみご注意を。

後藤久美子のおすすめ曲

かわいいベイビー

彼女の楽曲の中でも最も熱い支持を受ける楽曲「かわいいベイビー」。
1962年にレコードが発売されたこの曲は、元々アメリカのシンガーソングライター、コニー・フランシスによる楽曲となっています。
世界各国の様々な国でカバーされており、文字通り国境を越えて世界中で愛されている楽曲とも言えるでしょう。
今回後藤久美子のレコードに関しては、歌手の中尾ミエと森山加代子と共作された作品ともなっています。
確かな歌唱力でありながらも、まだ少し舌足らずな幼さを感じさせる彼女の楽曲に、当時きっと大勢の人々が虜になったことでしょう。

ママがサンタにキッスした

同じく1962年にリリースされたレコード、「ママがサンタにキッスした」も非常に有名な楽曲なのではないでしょうか。
世界中でお馴染みのこちらのクリスマスソングは、元を辿れば当時13歳のジミー・ボイドによって歌唱された楽曲でした。
後藤久美子が歌っている本バージョンは、歌詞が日本語訳されたものとなっています。
イントロからノスタルジックな当時の雰囲気を感じさせるサウンドや、時を越えても変わらないクリスマスへのときめきを感じさせるようなこの曲。
クリスマスを楽しみに待つ子どもらしい感情が込められた、微笑ましい1曲です。

ジングル・ベル

先ほどご紹介した「ママがサンタにキッスした」と同じレコード盤に収録されているのが、こちらの「ジングル・ベル」。
これまたクリスマスソングの定番とも呼べる1曲となっており、イントロから華やかなクリスマスの光景を思い起こさせるような鈴の音が印象的な楽曲となっています。
幼い少女とは思えないような朗々とした響きを含んだ声でこの曲を歌い上げる後藤久美子。
ですがいつの時代も、何歳になっても、子どもにとってのクリスマスは期待と希望に満ちた日であるということを感じさせるような歌となっていますね。

ひとりぼっちじゃいられない

1963年に「ボビーに首ったけ」と共にレコードで発売された「ひとりぼっちじゃいられない」。
こちらも後藤久美子の可愛らしさと素晴らしい歌唱力を確かめられる1曲となっています。
昭和感を感じさせる軽快な刻みのジャズのサウンド。
そこに乗せられた彼女の歌声は、まだあどけなさの残るデビュー当時に比べるとはるかに上達していることがはっきりと分かります。
凛とした少女らしい声響きやはっきりとした発声、そして大人顔負けのこぶし回しなど、この曲から1人の少女の大きな成長を感じ取れるのではないでしょうか。

後藤久美子の高価買取レコード

タイトル参考買取価格
フルーツカラーのお月さま(EP:SAS-44)2,000円
青い虹(EP:CW-104)5,000円
かわいいベイビー(10インチ:AL 385)1,000円
あらほんと(EP:SA-945)500円

※買取価格は状態、付属品の有無によって大きく変わります。
また相場状況でも変動がございますので、ご参考程度にお考えください。

まとめ

今回は後藤久美子の経歴や楽曲、そしてレコード買取相場をご紹介致しました。
史上最年少の少女ジャズ歌手の魅力を、あなたもぜひ感じてみては。