音楽を鑑賞するツールとして、近年では音楽配信サービスが人気を集めています。しかし一方では、アナログの持つ独特な表現力に注目が集まり、若い世代の間で中古レコードの人気が高まっているのをご存知でしょうか?

聴く人が増えれば、当然ながら中古レコードの価値は高まります。自宅に眠っているレコードを処分するのであれば、需要が高まりつつある現在がチャンス。そこでこちらでは、中古レコードのおすすめ買取方法を、ランキング形式でご紹介します。

レコード買取方法おすすめランキング!

中古レコードを売る方法はいくつかありますが、買取り先によって価格や手間が異なります。せっかく買取ってもらうからには、なるべく高く売りたいですよね?でも、重たいレコードを自分で運ぶのは骨が折れますし、働いている方は時間の都合もあるでしょう。

需要に合わせて価値が変動する中古レコードを正確に査定し、丁寧に対応してくれる使いやすいサービス。そんな買取サービスを解説・ご紹介していきます。

1位:レコード買取専門店

中古レコードの価値を正確に査定するには、専門的な深い知識が必要。そんなレコード専門家がいるのが、レコード買取専門店です。洋楽・邦楽を問わず幅広いジャンルを扱っている店舗が多く、出張買取サービスを行っている場合がほとんどです。

レコード買取専門店は、中古レコードを価値に見合った金額で売りたい方に最もおすすめな買取サービスです。

レコード買取専門店「TU-Field」がおすすめな理由!

レコード・オーディオ・楽器など音楽関係専門の買取店幅広いジャンルのレコード・CDに対応しており、知識・経験豊かなスタッフがしっかりとした査定を行ってくれます。

買取や査定に関する費用は一切無料で、出張買取宅配買取にも対応している点が便利。LPレコード10枚以上からは、着払いで店舗に送るだけで買取を行ってくれます。

買取エリアは全国47都道府県に及び、関西圏であれば即日対応してくれます。宅配買取の場合には無料の宅配キットも利用できます。

少数精鋭がだからこそできる丁寧な対応と査定が何よりのも魅力です。

店舗名 TU-field
買取方法 店頭買取/出張買取/宅配買取
エリア 全国対応
支払い方法 現金/銀行振込
営業時間 9:00~18:00(年中無休)

買取申込みはこちら

2位:オークションサイト・フリマアプリ

パソコンやスマホで気軽に不用品を販売できる「オークションサイト・アプリ」。近年利用する方が爆発的に増えているサービスです。検索サイトとして使用されることの多いYahoo!運営の「ヤフオク」を始め、スマホアプリでの使用に適した「メルカリ」などが人気です。

需要のあるレコードであれば、複数の購入希望者によって価格が高騰することもあります。レコードの写真撮影説明の記載発送など手間がかかる部分もあるので、インターネットサービスの利用に慣れている方向きのサービスです。

メルカリ

CMでも人気の「メルカリ」は、スマホから簡単に商品の売り買いができるフリマアプリサービスです。出品まで操作が比較的簡単なことや、住所・氏名など個人情報を教えることなく商品発送できる点が人気。特に10代後半から20代といった若い世代を中心に利用されています。

出品されているレコードのジャンルは様々ですが、若者の間で需要があるミュージシャンのものが高く売れる傾向にあります。

ヤフオク

ネットオークションとしては最大級の規模を誇る「ヤフオク」。利用者数が多いので、レコードカテゴリ内の出品数は100万点近くに上ります。

ジャンルごとにカテゴリ分けされており、購入希望者が目当てのレコードを探しやすい点がメリット。需要の高いレコードであれば高額で落札される場合もあります。

ただし、高い金額でレコードを売りたい場合は、写真の撮り方詳しい説明の記載発送方法などに気を使う必要があります。

ラクマ(旧フリル)

メルカリ」や「ヤフオク」以外にもフリマアプリは存在します。

代表的なのは楽天が運営している「ラクマ」。女性に人気のあったフリマアプリ「フリル」とサービス統合したことで、利用者数も増加傾向にあります。

ラクマはサービスの使い方がメルカリに似ており、簡単操作でレコードの出品ができます。また、メルカリよりも利用者の年齢層が高めなので、需要のあるレコードも少し異なっています。

3位:リサイクルショップ

近年街中で見かけることの増えたリサイクルショップでもレコード買取を行っている店舗があります。自宅から近い場所に店舗があれば、気軽にレコードを持っていける点が便利です。

しかし、ファッション系のアイテムを扱っているリサイクルショップはたくさんありますが、音楽専門のリサイクルショップを見かけることはほとんどありません。

そのため、家電・インテリア・ホビー・洋服・オーディオなどを総合的に扱うリサイクルショップでレコードを買い取ってもらうことになります。

リサイクルショップのスタッフは扱うアイテムが幅広いので、対応しなければいけない情報量も多くなります。そのため、レコード専門に買取を行っている店舗に比べて、正確な査定ができない場合もあるので注意しましょう。

4位:大手チェーン店

CDやレコードを販売している大手チェーン店でも、中古レコードの買取を行っています。「ディスクユニオン」では店頭での買取の他、送料や手数料が一切かからない宅配買取や、LPレコード1000枚程度から頼める出張買取も行っています。

同様に大手CDショップである「HMV」でも、レコードの店頭買取無料宅配買取・枚数が多い場合の出張買取を行っているので、近くに店舗がある方や会員登録されている方は調べてみるとよいでしょう。

まとめ

今回はレコード買取サービスをランキング形式でご紹介しました。単にレコードを買取ってもらうだけであれば、たくさんの方法があります。しかし、中古レコードの価値を正確に査定するには、深い知識が必要。長年レコード売買を行ってきた店舗とそうでない店舗では、買取金額に差が出てくる場合もあります。

なるべく高くレコードを売りたい方・手間をかけずにレコードを売りたい方・所有しているレコードを正確に査定してほしい方は、今回のランキングを参考に買取サービスを選んでみてくださいね。

「レコードの買取方法おすすめランキング」の関連記事

レコード買取

遺品整理?断捨離?引っ越し?大量のレコードを売るタイミングと対処法について